人類史上で唯一「小人症」と「巨人症」を発症した男(画像)

人類史上で唯一「小人症」と「巨人症」を発症した男(画像)

脳下垂体腫瘍の悪影響。

人類史上で唯一、小人症と巨人症の双方に該当していたアダム・ライナー(Adam Rainer)の画像。

1899年ハンガリーで生まれ、19歳のときは130cmだった身長が21歳から急激に伸び始め、32歳のときには218cmに。

51歳で死亡した彼の身長は238cmに達していた。この急激な成長は脳下垂体腫瘍の悪影響である可能性が高い。

【関連記事】空手を披露する小人症の男(動画)

01

02

\ この記事をシェアする /

     

アクシデントカテゴリの最新記事